脱毛サロン内緒の話

脱毛サロン内緒の話

脱毛サロンは脱毛被害者の駆け込み寺か?

 

脱毛サロンで以前、こんな患者さんがいました。

 

「脱毛エステの電気脱毛に2年間通い、いつも痛みとの戦いだった。

 

脱毛後ピリピリする痛さが1週間から2週間続いたり、

 

熱傷のような痕が何力月も消えなかったこともある!」と彼女は言ったのです。

 

2年間で脱毛は完了せず、繰り返し起こる皮膚トラブルに嫌気がさしたそうです。

 

さらに詳しく話を聞いてみると、何時も、脱毛をおこなうエステティシャンがコロコロ代わり、

 

人によって痛みも1本の脱毛にかかる時間もいろいろで。

 

だが、1時間の脱毛に支払う価格は同じなんです。

 

しかも、合計で百万円近いお金を支払ったというのです。お財布も痛いです。

 

彼女の希望は、「2年間通って多少の毛が減ってきたから、最後まできちんと脱毛したい。

 

きれいにならなければ、この2年間何をしていたのか訳がわからなくなってしまうから」ということでした。

 

私が「痛い思いをして、ムダ毛もなくらなくて、高い金銭を払って、くやしくないのか?」と聞くと彼女は

 

「それはくやしいですよ。だけど、脱毛に通い続けた私もダメなんです。

 

あれできれいになれるなら、高い勉強代だと思ってあきらめます」と言いました。

 

おそらく、これが社会的一般的な受け止め方なのだろと思います。

 

被害を与えた相手を恨むことも訴えることもなく、

 

災難に遭ってしまった自分の無知や行いを責め、泣き寝入りを選ぶのです。

 

騙すより騙されろ、この言葉を美徳のよう思う流れがはびこっているのも、

 

泣き寝入りを増殖させる一因でしょう。

 

悪徳エステが存在し続けているのもまた、声を大きくして被害を訴える人がいないからなです。

 

まだまだ大部分のひとが、脱毛エステは私をきれいにしてくれるところ、だと信じてこんでいるのです。

 

永久脱毛を取り巻くいろいろな状況を考える度に、

 

複雑な迷路に迷い込んでしまったような心情になるのは、私だけではないはずです。

 

ですので評価できる脱毛サロンを入念に選びましょう!